エントリー個別記事

しんどい時こそ休まず動く

少し前、体調を崩してしまいました。どうも柴谷です。
でもご安心ください。大したことはありませんし、ほぼ治りました。
最初は喉がイガイガ、次に微熱が出て、そして声が出にくくなり、今は咳が少し出るくらいです。


最近、寒くなってきたにもかかわらず、冷たいものを飲み、お腹一杯食べる日が続いていたりしていました。
そりゃ体も悲鳴をあげますよね(^_^;)


熱が下がり、食欲も戻ってきて動けるようになったのですが、まだ万全ではない。
動くのはまだちょっとしんどいというとき、私はちょっとだけ歩きました。
先週は天気のいい日が続いていたので、整体の予約の空き時間にポスティング。
すると腰、お尻の部分のあたりが軽くなりました。


寝て起きてもしんどいと感じているときは老廃物が体内に滞っている証拠です。
そんなときは血液を循環させるのが得策です。
そうは言ってもな~体動かすの億劫なんだよな~って気持ち分かります。
でも少しでも動けるなら動いた方が早く良くなります。


今は病院でも日常生活にできるだけ早く復帰するようにお医者さんに促されると思います。
それは決して冷たくあしらっている訳ではなく、その方が早く良くなるからです。


風邪に限らず、ぎっくり腰の場合もそうです。
起き上がれないくらい痛いときは安静が一番ですが、痛みが出ていても日常生活が送れるようであれば、散歩をオススメしています。
時間は距離は状態に合わせて無理のない程度で構いません。
靴を履いて少し歩いてみたらやっぱり痛くてしんどい場合はその日はそこまででもいいと思います。少しずつ距離や時間が伸びていくと思うので。


辛い時にしんどいことをするのは気が乗らないかもしれません。
それでも休まずに体を動かした方が、早く楽になれますよ(>◡<)


しんどい時こそ休まず動く_小山市のしばや整体_01

ページ移動

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード